1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09

廃れゆく部屋

皆さん、廃でお会いしましょう


In 09 2011

Category: 廃れゆく校舎   Tags: ---

〇田東小学校

DSC01518.jpg



集落の細い小道を走っていると、工場らしき建物の敷地内にこれが建っていた。

学校の正門などに見られる石柱だ。

僕は車を停めて近くで観察してみた。



DSC01517.jpg



廃車になったミニクーパーが置いてある敷地内にはプレハブ小屋などが建っているが、その奥には長い屋根が見える。
その時に僕は確信した。

これはもともと小学校だと(誰でも分かる)



DSC01483.jpg



あちらこちらにもともと小学校だった名残が見られる。

工場には貼り紙があり、別の場所に移転したとのこと。

しかし驚きなのはつい最近までこの場所で作業が行われてたということ。

実際に工場内の時計はまだ動いていた(@_@;)


DSC01521.jpg



あ、あれは・・・



DSC01487.jpg



岡本太郎もさぞや天国で喜んでいることだろう。

けっこう立派な太陽の塔だ。


DSC01514.jpg



結構覚悟はしていたが、学校だったという過去は無残にも消し去られていた。


DSC01489.jpg



何の工場なのかしばらく見て回った。



DSC01504.jpg



おそらく木製品にポリウレタンなどの塗装を行う会社だったらしい。

ウレタンなど溶剤の缶があちらこちらに置かれていた。




DSC01497.jpg



木製品は一度ウレタン塗装した後に必ず1度研磨します。

その上にさらにまたウレタンを重ねて塗ります。

この研磨した時と塗装した時に出るポリウレタンが屑となってこの工場全体の内部を覆っていました。

よってこの工場から出た時、僕の服は真っ白でしたw

広島の「白亜の学校」です。




DSC01507.jpg



よく見ると柱どころか壁までも切断され無理な増築がなされています。

今までよく建っていたものだと思いました。

ずっと学校だった名残を探しましたが黒板さえ撤去されており無理かなと思ったら・・・・



DSC01510.jpg



梁に子供達に宛てた言葉が貼られていました。

少し満足した僕は建物から出て、近所の聞き込みに行きます。


家の前に座っていたおじいさんにこの学校の名前のことを色々訊きました。

30年くらい前に廃校になり、それからはずっと工場として使われていたこと。

生徒は多い頃150人くらいいたことを教えてくれました。

そして最後に聞き捨てならない言葉を・・・・

おじいちゃん:
「当時、この地区には小学校が3つあったんじゃ。1つはこの〇田東小学校と鉄筋コンクリートになった〇田小学校、そして木造校舎のまま残っている永〇小学校・・・」

僕:
「え?何その永〇小学校って??え??え?」

そのおじいちゃんは大体の場所を教えてくれたが早く帰らなくちゃいけなかったので家に帰ったあとで航空写真で探してみた。

んで見つけた。

楽しみがまた増えたよ、ありがとうおじいちゃん(#^.^#)



本文: 6   Trackback: 0

09 25 ,2011 Edit


Back to top