1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
02

廃れゆく部屋

皆さん、廃でお会いしましょう


In 02 2012

Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

-- -- ,-- Edit


Back to top


Category: 廃れゆく施設   Tags: ---

山奥に眠る廃レジャー施設 後編

この記事は前編、後編から成っています。

前編を読んでいない方はここから前編へ。


DSC04402.jpg


さて、お昼御飯を食べた後は探索再開。

暖かいものを食べたおかげか、なんだか足取りも軽くなった。



DSC04403.jpg


ここには宴会場のような大広間やお風呂、宿泊施設が集合している。

実際は広すぎて全部を見て回れなかった。



DSC04386.jpg



それでも5時間くらい滞在したと思う。

どれがどの施設なのかはっきり言ってよくわかんない。




DSC04390.jpg


80年代以降に建てられた建物はあまり好みじゃないのだけど、山の中ということもあり結構朽ちた感じが良かった。



DSC04395.jpg


冬でも常緑樹は季節を感じさせないほど青々としている。

廃墟ではいつも植物の強さに驚かされる。


DSC04407.jpg


残念ながらこの建物は見取り図だけ撮ってスルー。

隣の建物に移動する。




DSC04493.jpg

ここ!ここに来たかった。

色んな方のサイトで見させてもらったあの画像の景色が眼前に。



DSC04495.jpg

なかなかええ色しとるやんけ、ワレ。

え?・・・ああ、そうだね、奥にピント合わせちゃダメだよね。



DSC04505.jpg

ここも有名な画像。

可愛らしい形をした緑色のシェード、赤色の窓枠、黄色い階段がとてもメルヘンチックで楽しい。




DSC04516.jpg


どんな建物からも洋館ちっくな場所を探しますぜ僕は。



DSC04518.jpg


さて、そろそろここを離れてヘリコプターを探そうかな。

じつはこのレジャー施設には草に埋もれた遊具たちがある。



DSC04476.jpg

草木をかき分けて進むとそれは見えてくる。



DSC04456.jpg


鉄泥棒たちの仕業によってプロペラが盗まれているがよくぞご無事で!という気持ちだ。




DSC04455.jpg

中央のロケット部分も錆び錆なくせに妙に堂々としてまぁ。




DSC04461.jpg

この読みづらい説明書きを読んで驚愕!

ペダルを漕ぐとセンサーが感知してヘリコプターが上下するという仕組みだったらしい。

これだけメカメカした乗り物なのに上下するのは自分の漕ぎ加減ひとつなのだ!!



DSC04480.jpg

ちかくにはこうしたアスレチック遊具も数多く眠っておりその数は不明だが20以上だと思う。



DSC04533.jpg


ずっと下には広い草原があるのだが、この得点ボードの出現によってここが野球場だったということが判った。

もしこのボードがなければ判らなかっただろう。



DSC04540.jpg

なにせ、野球場は今やこういう状態なのだから。



DSC04539.jpg


その奥にはこの施設への送迎用に使われていたと思われる施設名入りのバスが置いてあった。

この後、同行していたかげとらさんから「草ヒロ」なるジャンルがあることを聞いた。

いろんなジャンルがあるんな~。




DSC04546.jpg

この野球場のほとりを進むと突然要塞の入り口の様なものが見えてくる。

前編の記事の中で貸しスキーのくだりがあったが、滑り下りた後どうやって上まで登ったのかという答えがこれ。



DSC04553.jpg

このボタンを押すとベルトコンベアが作動して・・・




DSC04557.jpg

上まで連れて行ってくれるのだ。


どうせなので僕たちもこれに乗って・・・と言う訳にはいかないのでベルトコンベアの上をひたすら歩きました。

かなり急でしんどかったw


登り切った時に、丁度探索終了予定時間に。



着いた時にはあった雪も帰る頃にはだいぶ溶けていた。


春がくればあのサイクルモノレール駅も、ヘリコプターの遊具も草に埋もれてしまうらしい。


冬の間だけオープンする不思議なレジャー施設にぼくたちは別れを告げた。




にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
↑クリックしてくれたら嬉しいですヽ(・∀・)ノワチョーイ♪

廃墟の場所、名称に関するいかなるお問い合わせも受け付けておりません。


コメント下さる方は↓にある「本文」をクリック!!






スポンサーサイト

本文: 8   Trackback: 0

02 08 ,2012 Edit


Back to top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。