1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07

廃れゆく部屋

皆さん、廃でお会いしましょう


In 07 2012

Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

-- -- ,-- Edit


Back to top


Category: 廃れゆく校舎   Tags: ---

朽ちたブランコのある分校

広島県南部のとある集落に木造校舎があるという情報を得て、僕は日没前にも関わらず車を走らせた。



DSC06676.jpg


走っていて気持ちの良いくらい自然の綺麗な場所だった。



DSC06801.jpg



古い家が多く残る小さな集落、その中の小高い丘の上に木造校舎が見えた時は心が躍った。




DSC06772.jpg

閉校は昭和40年代。

一部分だけサッシに替えられているのはちょっと残念だったけどよほど建てつけが悪かったのだろう。



DSC06773.jpg


小学校によくある石柱。

「大正五年」の文字が見える。



DSC06781.jpg

校庭には井戸水用ポンプが。
水道が来ていなかったのかな?



DSC06684.jpg

とても小さなグランドを見渡せば、いくつかの遊具が見える。

鉄棒と・・・・・


DSC06683.jpg


ブランコ。

残念ながら鎖などは無いけど木製のブランコは初めて見た。



DSC06791.jpg


階段を登って2階を目指す。


DSC06720.jpg


外観を見て判るように分校だけあって校舎は小さい。

一階は倉庫になっていたのでスルー。

地元の人の話ではこの校舎、現役時にはなんと一階に幼稚園と職員室があったそうな。




DSC06724.jpg


そして2階に1~3学年の教室が。

4年生以上は歩いて本校まで通ったのだろう。



DSC06725.jpg




この廃校は他の廃校と少し違う。

何が違うのかと言うと、廃校になった理由が「子供が少なくなった」という訳ではないということ。

まぁそれもあるのだろうけど決定的なのは、「バス停が出来た」というのが本当のところだ。



DSC06752.jpg


低学年の足では通えなかった遠い場所にある本校。
だから1~3年生は分校に通っていた。

バス停が出来ると低学年の子もバスで本校まで通えるようになる。

すると分校が不要になったと言う訳。

実際にここの卒業生から聞きました。



DSC06702.jpg



少しずつ便利になっていくと消えていくものも増えると言う理屈。




DSC06689.jpg



ちびまる子ちゃんに出てくるキャラクターみたいなのがいる。

あのクックックッって笑う女の子。まぁいいや。



DSC06721.jpg


ここの当時の残留物が沢山集められてた。
時々こういうことがあるんだ。


DSC06706.jpg


えっといつのか忘れた。

でもジャングル大帝とか書いてある。



DSC06707.jpg


埃だらけで朽ちた物ばかりなのだけど、とても愛らしくて見ていて飽きない。


もう少しここに居たかったけど日が暮れはじめたので退散することに。


帰る前に村の人に話が聞けて良かった。

当分壊す予定もないとのことで安心した。


そういえばあの「白亜の迷宮」と名高き白石鉱山の一部が解体されていると聞いた。

現在もリアルタイムで解体が進んでいるらしい。

結局行けずじまいだったが仕方がないと思っている。


壊されるのも、行かなかったのもきっとみんな理由があるんだろう。


だからこれでいい。


これでいいので、次に行く廃墟を探します。

これでいいのだ。

(途中から廃校と関係なくなってしまったけど、これでいいのだ)





にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
↑クリックしてくれたら嬉しいですヽ(・∀・)ノワチョーイ♪

廃墟の場所、名称に関するいかなるお問い合わせも受け付けておりません。


コメント下さる方は↓にある「本文」をクリック!!


スポンサーサイト

本文: 2   Trackback: 0

07 30 ,2012 Edit


Back to top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。