FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06

廃れゆく部屋

皆さん、廃でお会いしましょう


In 06 2013

Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

-- -- ,-- Edit


Back to top


Category: 廃れゆく校舎   Tags: ---

憧れの木造校舎 K小学校

seika1.jpg


ずっと憧れていた木造校舎があった。

今回やっとのことで妻から一泊する許可を貰えたので車で遠出してみた。

ナビに従って山中を走り続けると小高い丘の上に木造校舎が見えてきた。




seika2.jpg


車から降りると、川の流れる音や360度山に囲まれ空気がとても綺麗なのが僕でも判った。

1960年代に廃校になったこの木造校舎、まだ建っていて良かった。





seika3.jpg

玄関ポーチを見るとすでに崩壊が始まっており僕が最初にサイトで拝見した画像よりも間違いなく老朽化していることが判った。



seika4.jpg


廊下は何も無くガランとしている。





seika5.jpg

教室にはいつくかの職員用の机が残されていた。

窓から差し込む光が暖か。




seika6.jpg

二学年を一クラスで教える複式学級というのはよく知っているけど三学年を一クラスに纏めてしまういわゆる「複々式学級」をしている学校は初めて見た。



seika7.jpg

日本では2007年以降、この「複々式学級」という三学年編成のクラスは存在していないらしい。



seika8.jpg

音楽室の黒板。

僕が通っていた小学校の音楽の先生はとても美人で、生徒がリクエストすると時々ピアノで「エリーゼのために」を弾いてくれた。



seika9.jpg


最近の電子オルガンとかにはない無骨さ。



seika10.jpg

無骨なのに洗練されたデザインのように感じる不思議。





seika115.jpg

よく見かける、校舎の中に講堂があるタイプ。

昔はプールどころか体育館のない学校なんてざらにあった。

しかし最近は「カフェ」がある学校もあるとか。

なんじゃそりゃ。



seika11.jpg


わしらの頃はのぅ・・・購買部で焼きそばパンをケンカしながら買っとったんじゃよ。





seika12.jpg

この状態から推理すると、机の上に椅子を置いてその上に立ち、何らかの道具で蜂の巣をたたき落としたのだろうか。




seika13.jpg


「みぎがわとおって かいだんのぼりおり」



階段を教材にしている校舎は結構多い(木造校舎あるある)





seika14.jpg

この手すりの素敵なこと。



seika15.jpg

「希望の朝 さあやるぞ」

毎朝こんな感じで目覚めたいものですな。





seika16.jpg

女の子の悲痛な表情が真に迫っている。




seika17.jpg


なかなか味わい深いイラスト。

この木造校舎は何度か転用された割には当時の面影が色濃く残っている。




seika18]

宿直室。

ここに泊るの寂しかっただろうなぁ。






seika19.jpg

廃校後数十年経っているので床など至ることろが劣化していた。

いつまで建っていられるだろうか。






seika20.jpg

外観を撮るため脱出。

裏山に抜ける渡り廊下。

すでにかなり熟成されていた。





seika21.jpg


山側から撮影。

もし今度秋に来たなら、紅葉と木造校舎のすばらしい風景が完成すると思った。




seika22.jpg

学校のすぐ裏側に細い川がある。

きっと昔の児童たちは、学校が終わると川に降りて遊んだんだろう。


しかしこの川、昭和26年に発生した「ルース台風」により大氾濫を起こした。


実はこの小学校はもともと近くの神社のすぐ傍に建てられていたのだけど、その大氾濫のとき校舎は流されてしまった。






seika23.jpg


大正10年の頃のこの学校の写真。

地元の方から見させていただいた。


その頃と今とでは結構川周辺の形が変わってしまったらしい。

現在校舎を高台に移動させたのもその時の教訓からかもしれない。





seika24.jpg


もうしばらくの間、この木造校舎はこのままみたいだ。








seika25.jpg


「雨ニモマケズ 風ニモマケズ」

 これからもこの場所で建ち続けていて欲しい。







にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
↑クリックしてくれたら嬉しいですヽ(・∀・)ノワチョーイ♪

廃墟の場所、名称に関するいかなるお問い合わせも受け付けておりません。


コメント下さる方は↓にある「本文」をクリック!!



スポンサーサイト

本文: 1   Trackback: 0

06 13 ,2013 Edit


Back to top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。