1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
01

廃れゆく部屋

皆さん、廃でお会いしましょう


Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

-- -- ,-- Edit


Back to top


Category: 廃れゆく施設   Tags: ---

陸軍航空燃料廠跡



お正月休みに長男を連れてドライブがてら横島まで行ってきた。

お目当ては「陸軍航空燃料廠跡」だ。


僕がまだ二十歳くらいの頃、原付で横島を目的もなくウロウロしていた時に初めて見た時はそれが戦争の遺物だとは思わなかった。



tank1.jpg


4つの筒状の建造物が見える。

これが戦時中、戦闘機の燃料を補給するための貯蔵タンクだった。

右手には観光地になっているビーチが見える。



tank2.jpg


車から降りてタンクに近づく。

真冬だったこともあり比較的簡単にタンクまで辿り着ける。

奥に進む。



tank3.jpg


使われなくなって放置されたスワンボートの頭が見える。

どうやらここはビーチの管理地になっているみたいだ(みたいだじゃないけど)。

更に奥に進む。




tank4.jpg


すると巨大なコンクリートの遺物が見えてきた。

実際に間近で見るとその大きさと戦争遺跡独特の威圧感に圧倒される。

更に奥に進む。





tank5.jpg


タンクへの入り口があった。

実はこの4つのタンクのうち中に入れるのは2つのみ。

もともとタンクなのでもちろん入口とかは無く、あとから倉庫として再利用するために開けたみたいだ。

でもおかげで中に入れるようになった。

中に進む。





tank6.jpg


中はがらんどうで何にも無い。

というかまるで「何にも無い」があるみたい。

夏は賑やかなこの場所も冬はとても静か。

澄んだ空の下でこの「何も無い」がある場所に立つと凄く気持ちが良い。



tank7.jpg



息子も感動してコンデジで同じような写真を何枚も撮っていた。

それではさらに奥に進む。




tank8.jpg


奥に進む途中には色んなものが放置されているのを見た。

近くのビーチでは貸しボートとかやっていたのだろうか?





tank9.jpg


英語表記で「MOGAS」?ハッキリとは見えないけどそのような文字が書かれていて下には大きく「9」と。

敗戦後占領軍がこの燃料貯蔵施設を利用していた時期があるのでその頃書かれたのかもしれない。

他のタンクにも何らかの数字があったのかもしれないけど発見できなかった。




tank10.jpg


歩いていると戦時中の遺構のようなものが見えた。


ハッキリとは言えないんだけど最近作られたものではなさそうだ。




tank11.jpg


この溝はタンクとタンクの間にもあって、たとえば敵軍から空爆などの攻撃を受けた際に燃料の漏れを食い止め、延焼を防ぐ目的があったのかもしれないと思ったが間違っていた場合はえらい恥をかくことになるね。

なので間違っていたら上記の一文は消すことにしよう、そうしよう。





tank12.jpg


しかしこの側壁はとても丈夫だ。

海からとても近い場所にあるとは思えないほど良い状態で残っている。





tank13.jpg


一番奥のタンクに近づく。


いかにも無理矢理開けられた入口。


この中には・・・・・・・・




tank14.jpg


残念なことにゴミが山積みされていた。


どうやら海に漂着したゴミを人為的にここに集めているらしい。

実に即物的な扱いで、ちょっと残念。




tank15.jpg


真ん中には焼却炉が置いてある。

ここでゴミを焼いていたのかな。



実はこの物件に関してとてもよく調べられているサイトがある。

M茶さんのサイト「M茶の瀬戸内アウトドア紀行」がそれだ。

興味をもたれた方は是非覗いてみて欲しい。




o0408050511510414725.jpg


そのM茶さんから了承を得て戦時中のタンクの画像をコピペさせていただいた。

1970年代頃は全部で11基のタンクがそのまま残っていたのだけどビーチ造成のために撤去された。

画像を見ると側壁の中には白い蓋の様なものが見える。

先日もマイミクのかげとらさんと話していたのだけどこれは浮屋根式のタンクだったのかもしれない。



o0640023411510418758.jpg



この画像もM茶さんより提供していただいた戦時中の画像。

角度の関係で見えづらいが写真奥に見えるのが現在残っている4基。

コレを見て思ったんだけど、この陸軍の給油基地で働いていた人たちはきっと夏はここで泳いだと思う。


今は夏になると海水浴客でにぎわうこの場所。

本当に平和になったんだ。








海岸でカップラーメンを食べる息子を見ながら、これからも平和であって欲しいとちょっと真剣に思ったりした。



tank16.jpg





にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
↑クリックしてくれたら嬉しいですヽ(・∀・)ノワチョーイ♪

廃墟の場所、名称に関するいかなるお問い合わせも受け付けておりません。


コメント下さる方は↓にある「本文」をクリック!!
スポンサーサイト

本文: 7   Trackback: 0

01 22 ,2013 Edit


Back to top



Trackbacks

Comments

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
Re: 行ってきました!
EVNARAさん>無事に探索され、楽しまれたようで何よりです。あのタンク壁は実際に間近で見ると迫力ありますよね。
この季節は草木も少なく虫や蛇もいないため、山中の戦争遺跡を探索するのによい季節だと思います。是非あちこち気をつけて行かれてください。戦時中の画像ですが、私も彼から許可をいただいての使用ですので私が彼の代わりに許可をするわけにもいきませんのでご理解くださいませ。申し訳ないです。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 陸軍航空燃料廠跡
EVNARAさん>
コメントありがとうございます。
広島県は江田島をはじめ様々な戦争遺跡が残っていますね。
この横島の戦争遺跡はタンクがそのまま残されているのに、周りがリゾート開発されたことによって時代の移り変わりを垣間見たような気にさせてくれる物件です。平和なリゾート地に眠る負の遺産というような。
是非晴れた日に行ってみてください。

陸軍航空燃料廠跡
広島県の離島にこの様な戦争遺跡が残っているのですね、横島という島自体知りませんでした。大変勉強になりました。有難うございました、今度行ってみます。
Re: コンクリートもステキ
都さん>ありがとうございます。
息子は横溝正史の映画が好きという変わったやつです。
しかし確かに同じ感性かもw
この無駄に解放感があるタンクの中を走り回るときっと気持ちいいですよ~w
コンクリートもステキ
息子君も、同じ感性も持ってらっしゃるんですね~きっと。
いいね~~

木造も、イイですが、コンクリートもスキだったりするので
この中で走り回ってみたいなぁ~って思ったりしました。(ぇ

Leave a Comment

Back to top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。