FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
01

廃れゆく部屋

皆さん、廃でお会いしましょう


Category: 廃れゆく施設   Tags: ---

蔦の絡まる郵便局








その日予定していた最後の物件に到着した時はすでに日が傾き始めていた。







yubinkyoku1.jpg


蔦を纏った廃墟は一段とオシャレ。

ここは小さな街にポツンと残る郵便局。

建てられたのは昭和初期。

玄関上部に今でも鮮やかにのこる郵便マークが誇らしい。





yubinkyoku2.jpg



この頃に建てられた郵便局や役場などは洋風なものが多いんな。

富国強兵で外国に追い越せ追い抜けの時代、日本人はあらゆるものに西洋文化をとりいれたそう。




yubinkyoku3.jpg


受付カウンターはもちろん後にリフォームされたものだろう。

いつ頃まで使われていたのかよく判らない。

近所で訊けばよかった。




yubinkyoku4.jpg


郵便局の名称はいつもの通り加工で消したっス。




yubinkyoku5.jpg


窓も良い。

白亜の廃校みたいにペンキがポロポロ剥がれている。



yubinkyoku6.jpg



昔の郵便局で時々見るのがこの「公衆電話室」。

〇尾集落の郵便局にもあったな。




yubinkyoku7.jpg

今は懐かし「郵政省」の文字が。

郵政省が廃止されてもう10年以上経つんだね。




yubinkyoku8.jpg


ちなみに郵政省が1949年に設置される前は「逓信省(ていしんしょう)」が郵政と電気通信を担っていた。

この逓信をカタカナにした時の頭文字が「テ」。

これが現在の「〒」マークのもとになったというのが通説みたい。

え?あぁはい、もちろんウィキの受け売りでんがな。




yubinkyoku9.jpg


さすがは郵便局だけあってちゃんと防犯装置がある。

防犯と言えば以前TV番組の「トリビアの泉」で面白いことを言っていた。

昔、郵便配達員は銃の携帯を許可されていたという。

ちょっと調べてみたら明治6年からフランス製の6連発短銃を郵便物を強盗から守るために使用できたそう。

その銃のことを「郵便物保護銃」と呼んで1948年まで続いた。

ちなみに警察官に銃の携帯が許可されたのは大正12年。




yubinkyoku10.jpg



おっともう少しで踏むところだったモグモグ。



yubinkyoku11.jpg

さて、今度は住み込みスペースに行ってみる。




yubinkyoku12.jpg

郵便局なのに何故か中庭が。




yubinkyoku13.jpg

回り廊下のコーナーの天井には面白い意匠が。

こういうこだわりがイイネ。




yubinkyoku14.jpg


蔦は部屋の中にまで入り込んでいる。
床には大きな穴が開いていて結構ヤバそう。




yubinkyoku15.jpg


これからこの建物はどうなるのだろう。

もっと状態が良ければ喫茶店や雑貨屋とかにしたら雰囲気よさそうなのに。




yubinkyoku17.jpg


上がってみたかった二階は階段が朽ちていたため上がれなかった。

これはかなり残念。

終わりが間近なのかもしれない。




yubinkyoku16.jpg





歳をとるごとに増えていく皮膚のシワは長く生きた証。



建物にとって蔦はシワのようなものか。








老いていくことが人のさだめなら。



せめて蔦の絡まるこの郵便局のように、格好よく歳をとりたいものです。






yubinkyoku18.jpg









そう言えば最近、シワが少し気になりだした。






にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
↑クリックしてくれたら嬉しいですヽ(・∀・)ノワチョーイ♪

廃墟の場所、名称に関するいかなるお問い合わせも受け付けておりません。


コメント下さる方は↓にある「本文」をクリック!!

スポンサーサイト

本文: 2   Trackback: 0

03 06 ,2013 Edit


Back to top



Trackbacks

Comments

Re: すごくステキだから
都さん>なるほど、メイクですか。それは言い得て妙ですね^^
確かに蔦が絡まると美しくなりますものね。
是非宝くじを当てて買い取って下さいw
すごくステキだから
そこに建っているだけで絵になるね~
私も住みたい感じです。

私が思う蔦は、メイクアップなよーに思います。
より綺麗になる・・って感じがします。

それにしても、写真も文章も・・最高ですね。

Leave a Comment

Back to top