FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
01

廃れゆく部屋

皆さん、廃でお会いしましょう


Category: 廃れゆく建物   Tags: ---

古びた煉瓦工場

rengakoujou1.jpg

この煉瓦工場の存在は僕が18才の頃から知っていた。

当時の僕は自動車の免許をとる金がなく、通勤用に原付の免許を取得した。

知り合いからスズキのカーナを4万円で譲ってもらい、まだ住みなれていない街を目的地もなく走り回った。




rengakoujou2.jpg

この廃墟になった煉瓦工場を見たのはその時が初めてで、以来近くを通る度に横目で見ながらもスルーしていた。

しかし意外とこの物件の奥が深いということを最近になって知って、もともと煉瓦萌えな僕はカメラを持って凸することにした。



rengakoujou3.jpg

左右にあった窯らしきものはどんな風に使われていたのか判らないほどの有り様になっていた。




rengakoujou4.jpg

内部への入り口はここ。

まるで洞窟に入るみたいでワクワクする。




rengakoujou5.jpg



中は土が積もっていてゴミが散乱している。

足場はすこぶる良くないがずっと奥まで続いているトンネル、右手の横穴から洩れる明かりがとても神秘的だ。





rengakoujou6.jpg

積み方が丁寧なのか雑なのか素人目に判らない。

でも古びた煉瓦が積み重なっているだけでも何故だかとても惹かれる。





rengakoujou7.jpg

天井から鉄製の煙突らしきものが飛び出ているが下の部分は腐って落ちたのだろう。

内部には固まった土が詰まっている。

天井から上の部分も腐って折れて中に砂が入り込んでいるらしい。




rengakoujou8.jpg


中で作業する人のための空気穴か、それとも煙やガスを出すための煙突穴だったのか。

同じような穴は所々にあった。



rengakoujou9.jpg


だいぶ奥の方まで来た。

端から端までは30メートルくらいか。

ちなみにトンネルの幅は4メートルくらい。

よう判らんけど、それくらい。




rengakoujou10.jpg

まるで戦争遺跡みたいだ。

ここで奥に何かが見えた。

近づいてみる。




rengakoujou11.jpg

なんじゃこりゃ。

巨大な煙突なのか。

寝かせた状態で置いてある。

当時ここで作業していた人に訊いてみたいなぁ。





rengakoujou12.jpg

Vベルトみたいなものがかけてある。

この工場で使われていたものか。



rengakoujou13.jpg

探索中にオガライトを発見。

当初は煉瓦を作っていたこの工場。

しかし近所に住む方の話では煉瓦の需要が激減してからはオガライトを作るようになったそう。

オガライトとはオガクズを集めて作った固形燃料のこと。





rengakoujou14.jpg

この煙突はこの界隈ではとても目立っていてどこからでも見える。

しかし随分と昔の物なのでいつ倒れてもおかしくないとのこと。

すぐ近くには普通に民家もあり台風の度にビクビクするのだとか。

それで地元の寄り合いの時には必ずこの煙突の話題が出るのだが、解体費は500万とも1000万とも言われ持ち主も首を縦には振らないらしい。







rengakoujou15.jpg

トンネルを引き返す時によく床を見ると煉瓦が敷き詰めてあることに気付いた。

しかしここ、窯を焚き続けるわけだし夏はスッゲー暑かったに違いない。

なのに現役時は40人くらいがここで働いていたんだ。





rengakoujou16.jpg


画像には無いけどちゃんと当時の照明器具もあった。

なければ昼でもこの暗さ。





rengakoujou17.jpg


通路に小さな窯があった。

コレを見た時に無性にピザが食べたくなった。

まぁピザはいつも食べたいんだけど。





rengakoujou18.jpg

子供のころ、近所にこんな場所があればきっと秘密基地にしただろう。

親に見つかって怒られるまで皆で板きれやダンボールを持ち込んで快適な基地にしただろう。

そんでもってお菓子や漫画を持ちこんで好きな女の子の話しで盛り上がったはず。

・・・余談だった。


rengakoujou19.jpg

これはこの煉瓦工場界隈の航空画像。

北側一面に平野が広がっているのが判る。



rengakoujou20.jpg

しかしこれは同じ場所の航空画像、ただし1970年代のもの。


北側に広がっていた平野は海を埋め立てて造られた干拓地。

煉瓦工場はもともと海岸線沿いに建てられていて、完成した煉瓦は船に積まれて出荷されていた。

そのことは判ったのだが、残念ながら工場自体がいつ頃建てられたものなのか詳しくご存じの方とお会いできなかった。

判り次第また追記することにします。



rengakoujou21.jpg


道沿いにはその頃の名残で防波堤が今でも残っている。

先ほどの70年代の航空画像北側に小さく写っている島はこの防波堤の向こうに見える小高い山だ。

防波堤に登り平野を眺めると眼前に海が広がっていたなんて信じられない。








いつかここに素敵な煉瓦工場があったことも、時が過ぎれば誰も知らない日がくるのかもしれない。










rengakoujou22.jpg



皆さん、この煙突が目印です。



にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
↑クリックしてくれたら嬉しいですヽ(・∀・)ノワチョーイ♪

廃墟の場所、名称に関するいかなるお問い合わせも受け付けておりません。


コメント下さる方は↓にある「本文」をクリック!!
スポンサーサイト

本文: 2   Trackback: 0

03 12 ,2013 Edit


Back to top



Trackbacks

Comments

Re: タイトルなし
みんさん>煉瓦良いですよねぇ(*^_^*)
煉瓦の赤い色と植物の緑がとてもマッチします。
もしあの煙突が倒れたら全国ニュースになると思います。
先日はありがとうございました。
またよろしくお願いします~(笑)
煉瓦良いですね(*^^*)
私も煉瓦大好きです。

あの煙突なくならないで欲しいですね(>_<)

いつも、素敵な写真と面白い文章の記事をありがとございます。

また小さな気になる物件あれば、ご連絡致します。

Leave a Comment

Back to top