1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
01

廃れゆく部屋

皆さん、廃でお会いしましょう


Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

-- -- ,-- Edit


Back to top


Category: 廃れゆく施設   Tags: ---

桂ヶ谷貯水池堰堤と羽根越貯水池堰堤

今回は古いダムを二つまとめてアップします。

「もはや廃墟ブログでも何でもないじゃないか」と言われそうだけど言われたら開き直る予定。





damu1.jpg


さて、僕は特にダムマニアという訳ではないのだけど古い遺構や煉瓦造りの建造物が好きなのでこの堰堤はずっと気になっていた。






damu2.jpg



僕は岡山寄りの広島県に住んでるので、山口は隣県なれどかなり遠く感じるし実際ちょっと遠い。

不経済なので高速道路を使わなかったこともあり、疲労と睡眠不足による変なテンションのまま山道を進む。





damu3.jpg



しかし、いつもそうなのだけど会いたかった物件が見えた時は疲れが吹っ飛ぶ。





damu4.jpg





桂ヶ谷貯水池堰堤だ。

1923年(大正12年)竣工だそう。




damu5.jpg



やっとここに来れた。

しばらくの間、「自分がここに立っている」という現実を何度も繰り返し認識しなおしてニヤニヤしていた。

変態だということは判っている。





damu6.jpg



煉瓦を積んだだけのデザインだが「やれるだけのことはやったよ」というのが伝わってくる。





damu7.jpg


水がある時とない時があるのか知らないのだけど僕が行った時はなかった。

おかげで下に降りて真正面から撮影できた。

ところで真ん中の半円形の建物はなんじゃろうか。





damu8.jpg


無情にもメチャ頑丈な鉄格子が立ちはだかる。

なかなかやるな、山口県。





damu9.jpg


鉄格子の隙間から一枚。

昔は屋根があったのだろう。

この窓から水位とかを監視していたのだろうか。




damu10.jpg



堰堤にはこういう「余水吐(よすいばき)」というのがある。

余剰の水を河川に放流する目的がある。

何故知っているのかというとネットの「ダム用語事典」に書いてあったからだ。

しかし「ダム用語事典」というものが存在している事実が凄いな。





damu11.jpg



特に案内看板や説明看板もなく舗装された道もなく、ただひたすら山の中で佇んでいる雰囲気がとても良かった。




damu12.jpg



出来ればこのままの状態で歳をとって欲しいが、本当に素敵な堰堤なので周りが放っておかないだろう。








damu13.jpg



と思ったのだがこの日、ここに来た人は多分僕だけのようだ。





damu14.jpg




さて、桂ヶ谷堰堤と別れを告げて車で移動すること数分、「桂ケ谷接合井建屋」が見えてきた。

昔はこの隣に濾過池や配水池があったらしいが現在は建設会社の倉庫が建っている。

この濾過池と配水池をつなぐ井戸のことを「接合井(せつごうせい)」と呼ぶんだと。







damu15.jpg



さて接合井建屋の前の道を更に進みこの先にある「羽根越貯水池堰堤」へと向かう。

舗装されていない道だとは知らなかったのでちょっと不安になる。




damu16.jpg



途中からは車も入れないので端に停めて歩くことに。

可愛い女の子と一緒ならさぞ楽しかろうが、カメラ持ったおっさん一人で歩く山道は正直切ない。





damu17.jpg


コンクリの肌が見えた時は「やはりこの道で正しかったのだ」という安堵感に包まれた。

よく見ると何か穴の様なものが見える。





damu18.jpg



入ってみようかと思ったけど内部全面にびっしり張りつきゴソゴソと蠢く様々な虫たちを想像してしまい断念した。

後悔はしていない。





damu19.jpg



なんとか上まで登った。

そんなに大変な道のりでもないのだけど日ごろの運動不足のせいだ。





damu20.jpg




ああ、来て良かったよ。

大正時代に造られた桂ヶ谷貯水池堰堤だけの水量では不足するようになり、この羽根越貯水池堰堤は昭和3年(1928年)に竣工。





damu21.jpg


真ん中の建物の入り口は同じく施錠されていて入れなかった。

入り口上部には先ほど見た桂ヶ谷接合井建屋の入り口にあったものと同じく「水」の文字が。

当時の水道局のマークだったのかも。

その下の四角い額の中にはうっすらと「取水塔」の文字が。





damu22.jpg



沢山の水を貯えた時代、月明かりに照らされたこの堰堤はさぞかし綺麗だったに違いない。







damu23.jpg


この堰堤にももちろん「余水吐」がある。

僕は多分もう余水吐のことは忘れないと思う。




damu24.jpg







町民の清浄な飲み水確保のため、大きく腕を広げて水を湛えた二つの堰堤はそれぞれ役目を終えた。




二つとも小さくて古ぼけた堰堤なのだけどカッチョ良かった。



縁の下の力持ちってカッチョ良いなぁ。









damu25.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
↑クリックしてくれたら嬉しいですヽ(・∀・)ノワチョーイ♪

廃墟の場所、名称に関するいかなるお問い合わせも受け付けておりません。


コメント下さる方は↓にある「本文」をクリック!!



































スポンサーサイト

本文: 4   Trackback: 0

07 22 ,2013 Edit


Back to top



Trackbacks

Comments

Re: 桂ヶ谷貯水池堰堤
都さん>いつもありがとうございます。
確かにHITOSHIと書いてありますね。よく気がつきましたね(笑)
ここに着いた時にかなり眠たかったので堰堤でゴロンと横になったのは秘密です。
桂ヶ谷貯水池堰堤
なんども、画像を見返しました。綺麗ですね~。
ほんとに、ほんとに、ず~っと残って欲しい・・

そういえば煉瓦にHITOSIと書いてあるように見えて、誰って思ったり・・(笑

枯れた水や、欠けた煉瓦や、朽ちた木・・
好きだなぁ~

Re: タイトルなし
確かに同時期でしたね。
アレには「浄水井上屋」というのがありましたがコレには「接合井建屋」がありますね(笑)
とても勉強になりました。アレはいずれアップしたいと思います。
煉瓦は良いですねぇ、呉の例の戦跡、涼しくなったら行きませう。
先日見学会のあったアレと同時期に建設されたものですね~
煉瓦造りには魅せられるものがありますね(*゚ー゚)

Leave a Comment

Back to top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。