FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08

廃れゆく部屋

皆さん、廃でお会いしましょう


Category: 廃れゆく施設   Tags: ---

茅葺き屋根の医院

世の中に「絶対」は無い。

かどうかは知らんけど僕は「茅葺き屋根の廃医院は絶対に無い」と信じていた。

特に小規模な古民家の医院はありえないと。

なので運転中に茅葺き屋根の廃屋があってもほとんどスルーしていた。

まず古今問わず、医院には少なくとも「診察室」「待合室」「処置室」「調合室」などが必要で、

中規模程度の医院になると「手術室」「手術準備室」「薬品保管室」「レントゲン室」などがある。

そのうえ、もし医院と住居が一つの建物に入っているなら家族の居住スペースも要る。

そうなると茅葺き屋根の小さな古民家ではキャパシティ不足ということになる。

また、医師というのは昔から高収入な職業だったので個人医院であってもその建物は立派なお屋敷だったり洋館だったりする。

以上の理由から僕は茅葺き屋根の医院は絶対に無いと思っていた。



僕はある日、廃墟に向かうため広島県の某所を車で走っていた。

ある程度の数の民家が並んだ地域があったので、車を停めて寄り道をした。

理容店のおじさんにこの辺に古い医院や木造校舎はないか訊くと、古い医院ならすぐ近くにあると言う。

おじさんの仕事は暇だったらしく歩いて案内してくれた。



houkaib1.jpg

おじさんはこの藪の前で立ち止まり、「ここだよ」と僕のほうを向いて言った。

下に見えるコンクリが玄関へのアプローチだったそうな。

さて、おじさんが近くにいるのでどうしたものか考えていると「じゃ行くか」と言っておじさんが藪に突っ込んだ。





houkaib2.jpg


何故か理容店のおじさんと合同探索となった。

お店はいいのか、おじさん。


藪を突き進むと、奥にお風呂が見えた。

屋外にお風呂があるタイプだ。

僕も学生の頃そうだった。





houkaib3.jpg

それから本丸へと進むべく藪をひたすらこぐ。

おじさんの話ではここら辺に医院はここだけだったので、昔は皆ここに通院したんだそう。

もう30年くらい前に閉院したらしい。





houkaib4.jpg


建物が見えたがすでに半壊という感じだ。

おじさんも30年以上振りにここに来たと言って興奮しきりだったが、建物からしてかなり危険だったのと藪こぎに辟易したのか「じゃ、気をつけてな」とさわやかに言って去って行った。



houkaib5.jpg

遠目から見てまさかとは思ったのだけど、それは茅葺き屋根の医院だった。

絶対に無いと思っていただけに心底驚いた。





houkaib6.jpg

例の琺瑯プレートもちゃんと貼ってある。

この建物が医院だった証だ。



houkaib7.jpg

平成3年の飼い犬登録ステッカーがある。

そのころすでに医院として機能していなかったはずなので住居として使っていたのだろう。





houkaib8.jpg


瓦が写っているけど、いわゆる下屋屋根の瓦のようで母屋自体は藁ぶきだった。





houkaib9.jpg

後で御近所の方から伺った話では内科を専門とした医院だったとのこと。

どんな先生だったのだろう。





houkaib10.jpg


医院の内部はこのような状態ですでに何が何やら分かんなくなっている。

いつ完全倒壊してもおかしくない状況だ。





houkaib11.jpg


真っ白なギターがあります。

チェリッシュです。

愛し合う二人には~ 恋の予感が嬉しくて~(わかんない人はわかんなくていいです)




houkaib12.jpg


さて、実はこの医院の敷地内にはもう一つ建物がある。

健康保険医の琺瑯プレートは崩壊した建物の方に貼ってあったのでこちらの建物は住居部分。

茅葺き屋根の古民家を医院として活用した結果、住居スペースが足りなくなったのだろう。

こちらのほうが少し時代が若い建物のような気がした。




houkaib13.jpg


色んなものが雑多にあるなか、どうも薬品棚だったらしきものが置いてあった。



houkaib14.jpg


この置物を見たとき飛び上がるほど驚いてしまった。

恥ずかしながら生きた猫がいるのかと。

ブラックビクター犬とでも呼ぼうか。




houkaib15.jpg


奥に進むと比較的片付いた部屋が。

やわらかい日差しで寝転びたい気分になる。

寝転ばないけど。





houkaib16.jpg

これは…手術器具とかが入っていた棚かそれとも薬品棚か。

およそ一般の民家には似つかわしくない家具だ。

おそらく医院が崩壊する前に家具などをこちらの建物に移したようだ。





houkaib17.jpg


さらにその奥の炊事場には院長先生の椅子と立てられた診察台があった。




houkaib18.jpg


閉院して長い年月が経った。

医院は朽ち果てて地域からも忘れ去られてしまった。

でも絶対に存在しないと思っていた茅葺き屋根の医院と僕は出会えた。


今、改めて思う。


廃墟に「絶対」は無い。







houkaib20.jpg




・・・・・・・・と思う。





にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
↑クリックしてくれたら嬉しいですヽ(・∀・)ノワチョーイ♪

廃墟の場所、名称に関するいかなるお問い合わせも受け付けておりません。


コメント下さる方は↓にある「本文」という小さな文字をクリック!!
スポンサーサイト



本文: 1   Trackback: 0

01 10 ,2014 Edit


Back to top



Trackbacks

Comments

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Leave a Comment

Back to top