1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10

廃れゆく部屋

皆さん、廃でお会いしましょう


Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

-- -- ,-- Edit


Back to top


Category: 廃れていない建物   Tags: ---

福山競馬場



※ かなり前置きが長いのですが我慢して読んでください





広島に原爆が投下された8月6日から2日後の夜、福山市上空にB-29爆撃機が91機飛来。

合計180,000発もの焼夷弾が投下され福山市の中心部は1時間10分で焦土と化した。


終戦後、占領軍による統治が始まり福山も復興を目指してみたものの、

「経済安定九原則」によって国庫の支出は制限され戦災で産業が衰退した福山市は慢性的な財源不足に悩まされる。



昭和23年当時、福山市長だった藤井正男氏(以下市長)は市議会議員と共に「福山競馬場」の建設のために奔走していた。

この競馬場建設が財政の立て直しと福山市の復興に欠かせないという決断だった。

福山市は「戦災都市の開催権」を持っており、国から競馬開催への指定をうけていた。

工事が順調に進んでいたある日、突如としてGHQより工事中止命令が下った。


「一体何が起きたのか」市長と他の市議会議員、通訳など総勢5人が上京し建設省、農林省を訪問した。

すると「日本政府としては手段はなく市議会議員らがこれ以上GHQに折衝すれば馘首(かくしゅ、解雇の意)もある、事態を静観してほしい」という言い分だった。

しかし、ここで引き下がる市長ではなかった。



日本政府が匙を投げたこの競馬場建設問題に地方都市の市長だった彼はなんとGHQに直接交渉することを決めた。

ところが、これが一筋縄ではいかなかった。


実際に競馬場建設の対応にあたったGHQの「ハウツ」という人は机を叩いて「帰れ」と怒鳴ったという。

そう、彼は激おこぷんぷん丸だった。

しかしそれでも彼らは諦めなかった。

ハウツの上司にあたる「GHQ経済科学局長」のマッカート少佐(マッカーサー元帥とは関係ないよ)を訪問し、競馬場の必要性を力説した。

とにかく「戦後復興」と「自治財政」のためというのが交渉のいわゆる「錦の御旗」だったしそれは事実だった。

しかしGHQの言い分は「国に金もセメントもないのにそんなんやってる場合ちゃうやろ」というものだった。


しかし市長は頑張った。

「庶民対象の担税力は限界だ。セメントの代わりに石を使う、古材も利用するから是非やらしてくれ。」


市長は粘った。


GHQと交渉すること一週間、ついにマッカートの口から「オッケー」という返事が出た。

信じられなかった市長は「本当にオッケーで間違いないか?」と訊いた。

マッカートは「本当にオッケーだ」と言った。

この時、市長の心の中では安堵と嬉しさがこみ上げたに違いない。



市長は「ベリーサンキュー」と言ってマッカートと握手を交わし別れた。



それから、市長は電報を打った。

電報の相手は農林省でも建設省でもなく、福山で競馬場建設続行の連絡を待ち焦がれていた現場関係者だった。





keiba1.jpg


昭和24年、福山市千代田町1丁目1番1号。

芦田川の改修で生まれた廃川地に急ごしらえの競馬場が生まれる。

福山市営競馬場だ。

写真を見て判るように本当に簡易的なスタンドだった。

しかし市民たちは勇壮な競走馬のレースに大熱狂した。




keiba1-1.jpg


昭和30年代後半の競馬場航空画像。

まだ建物も小さく恐らくは建設当時のままではなかろうか。



keiba2.jpg

70年代の航空画像。

建物は大きく新しくなったことが判る。

グランドの中央には福山市の市章が見える。




keiba3.jpg


これは2005年の航空画像。

建物の規模はあまり変わっていないが小さな変更が見られる。

何度かリフォームされたらしい。





keiba4.jpg


2013年3月24日の夕方、僕はカメラと三脚を持って福山競馬場を訪れた。

63年の歴史を持つこの競馬場が閉ざされる日だった。

用事があって遅れたせいでラスト・ランに間に合わなかったのは残念だったが建物が撮れればそれで良いと自分を納得させた。




keiba5.jpg


大型スクリーンなど時代に合わせて色々な改修が施されたが、時代の波には逆らえなかった。





keiba6.jpg


しかしそれでもこの競馬場が過去に担ってきた役割は決して小さくはなかった。




keiba7.jpg

福山市議事録によると競馬事業発足後、競馬事業会計から市の一般会計への繰入金は年々膨らみ続け、

昭和53年度の繰入金は33億5千万円となった。

一般会計の中の競馬事業の繰入金が占める割合はなんと8.1%にまで上昇した。

簡単に言うと市の収入の8.1%は競馬事業で儲かった金だった。







keiba8.jpg


競馬事業で得られた市の収入は主に教育費、土木費、福祉費、消防費などに充てられ復興を後押しした。

藤井市長と当時の市議会議員たちの思惑は見事に当たったんだ。






keiba9.jpg


さて、中に入ってみると福山競馬場のレースは終了したけど高知競馬のレース馬券の販売や放送をしていて人がいっぱいいた。



keiba10.jpg

真剣に悩むおじさんたち。

こちらがカメラを向けていても彼らはお金がかかっているので全く気付かない。

すごい集中力だ。




keiba11.jpg

全員モニターを見つめ、馬がゴールに近づくと「あー!」とか「おおっ!」とか唸っている。

僕はギャンブルというものを一切やらないのだけどなんとなく雰囲気で楽しくなっていた。

そこには僕にとって全く未知の不思議な連帯感があった。




keiba12.jpg

かと思えば一人廊下でゴロンと寝てストイックに予想をしている人もいた。

投票用紙を小指で挟んでいるあたりにプロ意識を感じる。




keiba13.jpg

長年競馬ファンのお腹を満たしてきた食堂にも「さよなら」の文字が。

この後、食堂の店主と競馬場の係員が握手を交わしていたのが今でも印象に残っている。




keiba14.jpg

人が居なくなった馬券売り場。

福山競馬場跡地の今後の利用方法について現在はまだ決まっていない。





keiba15.jpg

実は競馬場に初めて来たのだけどイメージ通りの散らかり様に少し笑った。





keiba17.jpg

子供には退屈だったらしく投票用紙の裏に落書きが。

この日は入場無料で家族連れが多かったらしい。




keiba18.jpg


たしかに地元の老舗。

僕が福山に住み始めてまだ20年しか経っていないのだけど、福山はそのころと比べてもかなり変わった。

古い建物はどんどん姿を消した。

駅前の繊維ビルが懐かしい。




keiba20.jpg

敷地内にはいくつかの飲食店が軒を連ねている。

この日は最後の営業とあってスタッフが宴会をしていた。



keiba19.jpg




戦後永らく市の財政を助け、市民の熱狂を生んだ福山競馬場だったが昭和63年からは不振が続いた。

レジャーやギャンブルの多様化、不景気のよる個人所得の伸び悩みもあった。

暴力団による競馬ノミ行為などは競馬事業のイメージダウンにつながった。

しかも開催経費の増加に伴い、平成8年にはとうとう一般会計への繰入は出来なくなった。

そればかりか赤字の年が続き、市の財政を圧迫するようになっていた。




keiba22.jpg






そう、かつて福山市の復興を担ったこの競馬場は今や「市のお荷物、市の厄介者」になってしまった。

こんな悲しいことがあるだろうか。




keiba23.jpg






競馬事業によって恩恵を受けた市は発展し、役目を終えた競馬場は廃れてゆく。

悲しいけどそうやって街は変わっていく。



keiba24.jpg



パドックの電光掲示板には、福山競馬ファンに対する感謝の言葉が映し出されていた。


しかし感謝をしないといけないのは競馬事業によって恩恵を受けた市民のほうなのかも知れない。






福山市民である僕は競馬場に感謝を伝えねばなるまい。








「ベリーサンキュー」と。







keiba21.jpg










にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
↑クリックしてくれたら嬉しいですヽ(・∀・)ノワチョーイ♪




コメント下さる方は↓にある「本文」という小さな文字をクリック!!
スポンサーサイト

本文: 8   Trackback: 0

01 29 ,2014 Edit


Back to top



Trackbacks

Comments

Re: 競馬場の隣
たこさん>申し訳ありません、その野球場についてはよくわかりませんでした。
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
Re: タイトルなし
sayuriさん>
はじめまして、コメントありがとうございます。

たとえば、その建物が誕生する経緯や廃れていった理由を調べていると当時の人々の苦労や喜びを身近に感じることがあります。
古い建物の魅力って色々あると思いますが単に外観のカッコ良さ以上の深みを歴史などから感じることも多いですね。
最近のカメラは性能が良いので僕みたいな素人でも結構それなりに撮れたりしますよ(〃▽〃 )
お褒めの言葉ありがとうございます。
初めまして。

ブログ読ませていただいてます。

建物の歴史ってすごいですね。

写真がすごく綺麗です。なんか、ノスタルジックな気分になりました



Re: 四半世紀前
joss2000様>
コメントありがとうございます。
あのパドックを競技用の馬が走るところ、僕も見てみたかったです。
そばを御馳走になったのですか、それは良い思い出になりましたね(*^_^*)
いつかこの競馬場が更地になりどのように活用されるのかまだわかりませんが、ここに競馬場があったことは忘れないようにしようと思います。
四半世紀前
管理人様御初ですm(__)m
blog懐かしく読ませて頂きましたm(__)m
四半世紀前に福山に住んでた頃、福大の講師のかたに連れて行って頂いたことあります。其の時は未成年の為賭けは出来ませんでしたが初めて見る競馬に感動した事は確かです。
後かいりがけに臨時収入で競馬場に入ってる御店で蕎麦奢って頂いたのですが写真の御店でだったのか記憶が定かでないですが…無くなってしまって寂しいです(T-T)
Re: 終わりゆくものに・・
都さん>コメントありがとうございます。
馬券を買わずとも一度馬が走っているところを撮っておけば良かったと少し後悔しています。
図書館に行って当時の写真や資料を探していたのですが思わぬ人間ドラマを知って僕も感動しました。
ちなみにこの市長は後に「近畿大学附属広島高等学校・中学校福山校」の創立者となりました。
そして元衆議院議員でもあります。
終わりゆくものに・・
切ないけど・・
胸を打つお話でした。

人と競馬場への暖かい目線が・・
画像が生き生きとしてますね。
すごいです。

63年・・・・
建物とそこに携わった沢山の人たち・・
見えるようです。

Leave a Comment

Back to top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。