1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08

廃れゆく部屋

皆さん、廃でお会いしましょう


Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

-- -- ,-- Edit


Back to top


Category: アンティーク   Tags: ---

ガラスコップ 大正期

DSC00434.jpg


とろりとした表面で指で弾くとキーンと高い音がする。

形は歪で所どころに小さな気泡がある。

高さは約9センチで厚みがあり、鉛を含んでいるからか手にとるとズッシリとした感触がある。


DSC00438.jpg



無造作に切り取られた高台はとてもごつく、深い。


4~5年前、福山の骨董店で見つけた。

店内にぐちゃぐちゃに置かれた品物を見てゴミなのか商品なのか判らないほどだった。

そのぐちゃぐちゃの中から見つけ出したのがこのガラスコップだった。

値段は1000円。

近くにリニューアルオープンするらしく整理中だったらしい。

店主いわく、大正期のものらしい。




DSC00435.jpg



最近のガラスコップと比べると形も歪だし無駄に重い。

でも不完全から感じる愛らしさがある。





今度このコップでサイダーでも飲んでみよう。








コメント下さる方は↓にある「本文」をクリック!!






スポンサーサイト

本文: 2   Trackback: 0

09 06 ,2011 Edit


Back to top



Trackbacks

Comments

かげとらさん>
陶磁器に関しては大正時代と言うのは古いうちに入らないですがガラスコップはまぁまぁ古いほうかもしれません。
あの古いガラス独特の歪みや気泡が観ていて楽しいです。
ヤフオクではピンキリですが剣先コップなんてのは1万以上します(@_@;)
大正時代ですか!すごいな~古い窓ガラスとかでも独特の歪みみたいなものがありますよね~

Leave a Comment

Back to top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。