FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
01

廃れゆく部屋

皆さん、廃でお会いしましょう


Category: 廃れゆく施設   Tags: ---

森の中で朽ちゆく陶芸工房


新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

新年一発目は去年の暮れに行った物件です。



無題

ある日いつものように航空画像で廃墟を探していたらこんな建物を見つけた。

廃墟マニアならこういう航空画像をみるときっと行ってみたい衝動が湧くだろう。


少なくとも僕は湧きました。


年末でみんな忙しかろうから一人寂しく行ってきた。


DSC03578.jpg


航空画像で見た通り、物件に通ずる道はかなり草木に覆われている。

でもそれが帰って気分を高揚させてくれる。



DSC03577.jpg


到着した。

コンクリのビルかと思ったが木造平屋だったwww

草木が邪魔で道からでは建物が全く撮れないので少し山に入らなければならない。


DSC03528.jpg


随分前に先客がいたらしくドアも窓もいくつか開きっぱなしになっていた。

と、ここで一瞬建物内の壁の影が揺らいだ。

人がいるのかとビビったが物音はしない。

しばらく様子を見たが心理バイアスもはたらいて気のせいだと思うようにした。

何よりここまで来て怖くなって帰るのはあほらしいと思った。

オラオラで凸入。



DSC03533.jpg



焼き物を焼いていたらしい窯を発見。

ぽっかりと口を開けている。

そういえば、いつか定年になったら妻と陶器を作る趣味を始めたいと勝手に思っている。


DSC03534.jpg



中は結構新しくオシャレな造りでお金もかかっていそうだ。



DSC03536.jpg



しかし舗装もされていない山道を上がったところに建物を作って不便だったと思う。


DSC03535.jpg


結局人の足は遠ざかり、廃れるにまかされている。


DSC03541.jpg


なんだかよくわからない物体が・・・・・・・・


DSC03546.jpg



一度外に出て他のエリアに進む。


DSC03550.jpg


中心部はウッドデッキになっていてところどころ床が腐っている。

上を見上げると・・・・・・


DSC03544.jpg



2階があるのだと勘違いさせられたあの窓は内側から見るとこういうことだと判る。

なんだ、残念。

DSC03561.jpg


本当にちゃんと管理さえすれば別荘として使えそうな物件だった。

しかもちょっとリッチな別荘だ。

写真を撮って無いが、ちゃんと和室やお風呂、キッチンもある。

DSC03552.jpg


ダイニングルームの様な場所。

思ったよりも空間が途切れずに続く。

それからさらに奥に進む。


DSC03555.jpg



この部屋も窓が開け放されたままだったせいで雨による浸食がすすむ。

今さらどうしようも無い。

この部屋の隣にもう一つドアがありおそらく個室だと思うのだが、押しても開かなかった。

鍵がかかっているようではなくなにかつっかえたような感触で、嫌な予感がしたのでそのままにしておいた。

それから廊下の天井には屋根裏部屋か屋根裏の倉庫に通じる収納階段があるのだが、正直開けて上る勇気が無かったのでそれもそのままにしておいた。

チキンな俺を許したまえ。

だれか一緒に行ってくれ。

たぶん何もないと思うけどwww

DSC03565.jpg


おそらく廃墟になってまだ10年くらいだと思う(わからんけど)


熟成期間が少ないけどこれ以上熟成したらあっという間に朽ちて倒壊してしまうのが山中の廃墟の怖い所。


結局タイミングなんだよねー(ダラダラ)


にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
↑クリックしてくれたら嬉しいですヽ(・∀・)ノワチョーイ♪


コメント下さる方は↓にある「本文」をクリック!!


スポンサーサイト

本文: 2   Trackback: 0

01 05 ,2012 Edit


Back to top



Trackbacks

Comments

あめうめうさん>
結構近い場所に現役の陶芸工房があるのでそこの施設の一部だったのかもしれません。
寝る前に航空画像で廃墟を探し始めると気がつけば夜中の1時過ぎになっていることもしばしばです。
不思議な建物ですねぇ。お金持ちが道楽の為に造ったのでしょうか?
空かずの間がメチャ気になります。
航空写真なんて見る機会がないので、案外 私の身近な場所にも こういう不思議な建物があるのかもですね。
しかし、お洒落だし木の温もり感じます〜。
楽しいレポを有り難うございました。
探索お疲れ様です。
゜+。:.゜ヽ(*´∀`)ノ゜.:。+゜

Leave a Comment

Back to top