FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
03

廃れゆく部屋

皆さん、廃でお会いしましょう


Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

-- -- ,-- Edit


Back to top


Category: 廃れゆく施設   Tags: ---

存在を忘れられた廃禅寺

DSC03793.jpg


1月2日に行われた合同探索。

その中でも僕にとって結構ツボだったのがこの禅寺だ。

この辺一帯がかなりの廃スポットで物件の規模の大小はあれども一日楽しめるかもしれない。

オレンジ色のツナギ服で山を突き進むのはM茶さん。

かなりの冒険家だw


DSC03794.jpg



門が見えてきた。

もうこの瞬間はいつも胸がたかなる。


DSC03911.jpg


とても立派な門でさぞかし歴史が古い・・・と思うだろうが、80年代に建てられたのだと思う。


DSC03907.jpg


一休さんがいそうな玄関先には草木が伸び、長い間手入れをされてないことが分かる。



DSC03901.jpg



もちろん僕たちが最初の訪問者ではないようだ。

荒らされた跡があった。



DSC03833.jpg

廊下を進むと。


DSC03840.jpg

素敵な部屋が・・・

もう日が傾き始めていた。


DSC03842.jpg


英語の表記があるのは何故か・・・

それはこの禅寺が海外から人を招いて禅を体験してもらうための施設だったからだ。

ありとあらゆるものに英語表記がしてあった。


DSC03874.jpg


これがそのスケジュール板だ。

宿泊も出来たらしい。

「Takuhatsu」と書いてあるw

備後弁で感想を言うと「ボレ、オモレ(とても面白い)」だ。



DSC03867.jpg


部屋にはお経のようなものが印刷された紙が。


DSC03872.jpg


残留物ばかりで肝心の廃墟が見えてこないですね、スミマセン。


DSC03801.jpg



鏡台発見!

真夜中にこの鏡を覗くと尼さんの霊が見えるとか見えないとか(見えません)



DSC03849.jpg


それでは禅をするところに入ります。



DSC03866.jpg



禅堂はかなり痛んでいました。


DSC03862.jpg



本当に真っ暗で同行したメンバーは皆、撮影に苦戦しました。



DSC03857.jpg



こういう宗教施設はあまり廃れないものだと勝手に思っていましたが、この建物は違うようです。


DSC03884.jpg


最後に書斎の様な場所を発見。


DSC03889.jpg



この部屋がかなり気に入った。

しかし何枚撮っても納得できるものは撮れなかった。

そういう時もあるさ。いやむしろほとんどか。



DSC03890.jpg



とてもグローバルでインターナショナルな禅寺だったよ。

いつか再訪します。


にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
↑クリックしてくれたら嬉しいですヽ(・∀・)ノワチョーイ♪


コメント下さる方は↓にある「本文」をクリック!!
スポンサーサイト

本文: 2   Trackback: 0

01 13 ,2012 Edit


Back to top



Trackbacks

Comments

Re: タイトルなし
実はあの藪の道の他にもう一つ結構広めの道があるんです。
でも入口にバリケートの様なものがあってあの藪の道が一番いいと思います。
あの藪を進んでいくと見えてくる草に埋もれた屋根に興奮することうけあいです。
建てたはいいものの、運用も維持もされなかったバブルの遺物なのでしょうかね~
地図上ではしっかりある道も藪なのですね(;・∀・)

Leave a Comment

Back to top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。