FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06

廃れゆく部屋

皆さん、廃でお会いしましょう


Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

-- -- ,-- Edit


Back to top


Category: 廃れゆく鉱山   Tags: ---

終わりゆくT鉱山



DSC05149.jpg


山奥の道を小川に沿ってひたすら走っていると、山林の中に浮かび上がるようにその建物は現れる。




DSC05132.jpg

屋根は落ち、柱は倒れて余命幾ばくもないのは明らかだ。

しかしそんなに大規模でもないこの鉱山が好きだという人は意外に多い。


DSC05106.jpg


昭和の中ごろまでは稼働していたと聞くがよくわからない。



DSC05107.jpg

かなり老朽化が激しくてそろそろここも歩けなくなりそうだ(特に俺はw)



DSC05130.jpg


某サイトでは椅子があったはずの部屋。

椅子、どこ行ったのだろう?



DSC05125.jpg


ここは本当のところ夏がお勧めらしい。

しかし夏には来たくない場所だ。




DSC05134.jpg


残留物はあまりないのだけどこういうのはいくつか残っている。

「こういうの」って言われても困ると思うけど僕は専門知識がないので「こういうの」としておきます。



さて、この鉱山には他にも建物が点在している。



DSC05180.jpg

おそらく従業員の寮か何かだと思う。





DSC05184.jpg

早く中に入れば良いのにこういう写真でじらしてみる。




DSC05295.jpg

おじゃましまんにゃわ!




DSC05165.jpg


おおっ!椅子が傾いている!
床が抜けそうになっている。


2階があるのだけど階段がヤバいのでやめておいた。


DSC05158.jpg



部屋にはこけしちゃんがいた。

もうすぐ自分の上に落ちてくる天井をずっと見つめてた。



DSC05172.jpg


炊事場も自然に還りつつある。



DSC05291.jpg


小川の反対側には前人未踏(はっきりとは言えんけど)とされている小屋が草木に埋もれている。

一緒に行ったメンバーは気乗りしなかったみたいだが、冬しか近づけないだろうと思い一人で凸。


するとそこには建物の規模と吊り合わない残留物があった。


DSC05217.jpg


静寂に包まれた内部はひんやりとしていて窓から差し込むわずかな光も弱々しくかなり狭い。

でもここの居心地が大変良かった。



DSC05250.jpg


反対側にはレトロな椅子と大量の薬瓶が。

これははっきり言って嬉しい誤算だった。



DSC05207.jpg


建物の規模と廃墟の善し悪しは全く関係ないのだと思い知らされた。

仲間のところに戻って内部の状況を報告すると彼らも藪に突っ込んで行った。


そう、それが廃墟マニアなんだね。


他のサイトの方も言っておられるが、あとどれだけ建っているか判らない廃墟だ。


ここはまた来ます。


にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
↑クリックしてくれたら嬉しいですヽ(・∀・)ノワチョーイ♪

廃墟の場所、名称に関するいかなるお問い合わせも受け付けておりません。


コメント下さる方は↓にある「本文」をクリック!!




スポンサーサイト

本文: 11   Trackback: 0

03 18 ,2012 Edit


Back to top



Trackbacks

Comments

Re: めちゃめちゃイイですね~
都さん>
あの小屋は夏になると本当に全くわからなくなるほど埋もれてしまいます。
それゆえ今まであまりネットで露出されなかったんだとおもいます。
薬瓶の匂いですか~、最近ある廃医院の薬品保管室に入ったら薬の匂いで吐きそうになりました(´・ω・)
めちゃめちゃイイですね~
屋根の草にも、おぉぉぉ~って激しく反応しました。
すごく綺麗です。
薬ビンは、フタ取って
匂い嗅ぎたいです。
Re: タイトルなし
飴野天機さん>どうもはじめまして。こちらも先ほどお写真拝見しました。
どれも素敵でした。特に色々なアイテムが持つ流線形の美しさをよく表現されているなぁと思いました。
ブログはリンクフリーですのでご自由にどうぞ。
また遊びにいらして下さい。
Re: タイトルなし
月華弐嬉さん>あの岐阜県の診療所は行ったことがないのですが廃墟の魅力が物件の規模だけで決まる訳ではないことの最高の証明だと思います。惜しくも最近劣化が激しいらしいですが・・・
この小さい小屋もあまり長いこと建っていそうにないです(;_;)
はじめまして、くま王様。

山下様のブログより飛んできました。

素敵なお写真ばかりでした。
勝手ながら私のブログへリンクを張ってしまいました。
事後報告で申し訳御座いません。

応援ポチ。
これがあの小屋の正体だったんですね!?
なかなか趣があっていいですね。
岐阜県の某診療所を思い出しました。
くまお様

リンクありがとうございました。
こちらこそ、時々遊びに来させていただきます。
Re: タイトルなし
紫さん>あの薬瓶が大量に置いてある部屋はなんなのか未だもって不明です。
ただ、薬品の種類がどうも人体に使用する薬品とは違う気がしました。
あの計器は画像加工で色を変えてありますがあの廃墟の不思議な雰囲気で見た印象に近づけているつもりなのです(*^_^*)
Re: はじめまして
JUNK555さん>はじめまして。相互リンクの件、もちろん喜んで(*^^)v

ブログ拝見しました。素敵なお写真ばかりですね。
これからも時々拝見させていただきます。

これからよろしくお願いします。

素敵に朽ちた廃鉱ですね。
一部写真がペンションみたいに見えましたwww

ポツリと外れた建物は鉱山の病院だったのでしょうか?
薬の瓶が残っている廃って多いですよね!
ある意味、危険ですね。

あの錆色の時計みたいなヤツが気になります。
綺麗な色ですね。
はじめまして
くまお様

サビれたブログのJUNK555と申します。
相互リンクのお願いに来ました。
よろしければ、ご検討お願い致します。

Leave a Comment

Back to top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。